Virtual Accounts: The Power Behind Successful Integrated Treasury Strategies

Report Summary

Virtual Accounts: The Power Behind Successful Integrated Treasury Strategies

オープン・バンキングやリアル・タイム決済の普及に伴い、VAM(virtual account management)サービスへの関心が高まっている。

David Bannister
Senior Analyst

Boston, October 14, 2020 –銀行が提供するVAM(virtual account management)サービスは、キャッシュ・マネジメントの改善や業務効率化に役立ち、広義のキャッシュマネジメント・ツールキットに含まれるだけでなく、革新的な新商品/新サービスを生み出す土壌ともなっている。新規に市場参入する事業者もVAMの能力を認識、その上に新しい事業や新たな法人向け商品・サービスを開発している。その結果、ビジネス・バンキング/コーポレート・バンキングにおけるサービスが進化し、金融機関と顧客との関係も新たな次元へ進展するだろう。

本レポートは、仮想口座の利用が時代とともにどのように変化してきたか、またオープン・バンキングを活用することでVAMの機能がどのように拡大しているかを概説する。また、企業での導入事例や特定の業界でのユース・ケースに着目し、導入した場合の利点/費用/課題を明らかにするとともに、今後の発展の可能性を考察する。

本稿(全12ページ)はアイテ・グループのクライアント様と非クライアント様のいずれにもご利用いただける無料レポートです。

本レポートはBank of Baroda, Ford Europe, Hitachi Vantara, Intuit QuickBooks, Koch Industries, Kyriba, Microsoft, Molex, Plaid, Sage, SASおよびXeroに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates