Ransomware Defense in Financial Services: Retreating From the Cloud

Report Summary

Ransomware Defense in Financial Services: Retreating From the Cloud

ランサムウエア攻撃が急増している。その防衛には、攻撃を受けるまでの各ステップを掌握し、それぞれのレイヤーでの防衛策が必要となる。

Steve Hunt
Senior Analyst

Boston, August 20, 2020 – 昨今、企業は、ランサムウェア攻撃を受けた企業と、今後受けるであろう企業の2種類に分けられるだろう。いずれも防衛策の拡充が必要だが、「言うは易く行うは難し」である。その理由は、ランサムウェアの防衛には複数のソリューションを組合さなければならず、一方ランサムウェア攻撃はバラエティーに富んでいるからだ。

本レポートは、企業に必要不可欠なランサムウエアに対する防衛手段を解説するとともに、テクノロジー・ベンダー16社(BlackBerry、Broadcom、Bufferzone、Cisco、CrowdStrike、Cybereason、FireEye、Microsoft、Morphisec、Nyotron、Panda Security、Proofpoint、SentinelOne、Tanium、Virsec、VMware)を紹介する。執筆にあたっては、ベンダー16社のうち15社へのヒアリングを実施したほか、大手/中堅金融機関11社のセキュリティ部門へインタビューを行った。

本インパクトレポートには表1点が含まれます(全31ページ)。アイテ・グループのCybersecurityセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはIBM, VerizonおよびVerodinに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates