Prime Brokerage Trends: Survival of the Fittest

Report Summary

Prime Brokerage Trends: Survival of the Fittest

プライム・ブローカレッジ業界の動向には、ビジネスを発展させるためのヒントが隠れている。 

Matt Simon
Senior Analyst

Boston, January 30, 2020 – プライム・ブローカレッジ・ビジネスを取り巻く状況は厳しい。主要各社の直近四半期の結果は堅調だが、当ビジネスは資本コストがかさむこともあり、経費削減にとどまらず事業から撤退する企業もでている。2019年にDeutsche Bankがプライム・ブローカー・ビジネスと株式取引顧客をBNP Paribasへ売却した事案は、他社とって「ビジネス・チャンス」と「危機」が同居しているとのメッセージとなった。2020年においては、顧客ニーズの理解を深めることが最も重要になるだろう。

本レポートは、プライム・ブローカレージ・ビジネスに関する主要動向、プライム・ブローカーを選択する際の基準、主要プライム・ブローカレッジ・サービスに対する顧客満足度などをまとめた。執筆にあたっては、業界誌Global Custodian社が刊行する「Prime Brokerage Survey2019年版(21カ国746名が回答)」を下敷きとし、大手/中堅のプライム・ブローカーに対するインタビューを実施した。

本インパクトレポートには、図10点と表2点が含まれます(全22ページ)。本レポートはアイテ・グループのリサーチサービスではなく、パートナー・リサーチ・イニシアチブの一環としてご購読者にのみ配布しております。講読ご希望の向きはこちらまでお問い合わせください。.

Download table of contents

本レポートはBank of America, BCB Group, BNP Paribas, BTIG, Caspian, Citi, Cowen, Credit Suisse, Deutsche Bank, Global Custodian, Goldman Sachs, Integral, Jefferies, J.P. Morgan, Morgan Stanley, MSCI, TagomiおよびTroy Tradeに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates