MiFID II: The Impact So Far

Report Summary

MiFID II: The Impact So Far

欧州証券市場監督機構(ESMA)と欧州委員会は、MiFID IIの様々な側面に対して業界のフィードバックを要望している。

Christian Benson
Research Associate
Paul Sinthunont
Senior Analyst

London, 30 July 2020 – 2018年1月に欧州連合(EU)金融商品市場指令(MiFID II)が発効してから30か月が経過した。MiFID IIが影響を与える領域の広さと大きな狙いを考えれば、複雑で多様な欧州の資本市場において多くの困難が予想されていた。資本市場に参画している企業各社は、MiFID IIのメリットが明確でないにもかかわらず、遵守しなければならない規制が増え、業務が煩雑になったことに困惑している。

本レポートでは、MiFID II の狙いを、これまでの実施状況を踏まえて検証する。執筆にあたっては、「マーケット・ストラクチャーの変更」「リサーチ・アンバンドリングの影響」「透明性の確保」「英国のEU離脱との整合性の確保」などに関して、公開されている規制当局と市場参加者とのやり取りを分析した。

本インパクトレポートには図15点と表5点が含まれます(全54ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはBaillie Gifford, BlackRock, Bloomberg, Deutsche Boerse Group, Evercore ISI, Goldman Sachs, Intercontinental Exchange, Janus Henderson, LSEG, Nasdaq, SIX Swiss ExchangeおよびUBSに言及している。

 

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates