Lenders’ Perspectives: Commercial Loan Origination Automation

Report Summary

Lenders’ Perspectives: Commercial Loan Origination Automation

ビジネス・ローンの組成手続き(CLO)は、労働集約的で複雑なことから、収益に貢献しないばかりか顧客企業からも敬遠されており、自動化の必要性が高まっている。 

David O'Connell
Senior Analyst

Boston, Month 28, 2020 – コロナ・パンデミックは、事業者向け融資を行う金融機関にとって特異な事業環境といえるだろう。低金利と資金供給過剰なだけでなく、対面業務を避けるためデジタル化の要請が強まっている。ビジネス・ローン事業は、金融機関の収益源であるたけではなく、その他の高収益なサービスをクロス・セルするための突破口でもある。銀行は、顧客とのリレーション構築のためにも、まず事業者向け融資を組成(CLO)しなければならないが、そこでは、財務分析/ディール・ストラクチャリング/提案書作成/提案書配布/審査部門の承認取得など、複雑多岐な作業が発生してしまう。

本レポートは、ビジネス・ローン組成手続き(CLO)ソリューションに関して、採用を検討する金融機関の視点(自動化ソリューションを求める理由やベンダー選択基準、ソリューションの主要機能に対する見解など)をまとめた。執筆にあたっては、アイテ・グループが開発したベンダー評価フレームワーク”Aite Matrix”を活用し、CLOソリューションに対するユーザーの声を集約した。

本インパクトレポートには図17点と表2点が含まれます(全33ページ)。アイテ・グループのWholesale Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAbrigo, Baker Hill, Finastra, FIS, Global Wave, Intellect Design Arena, Jack Henry & Associates, Moody's Analytics, Newgen Software, Nucleus Software, OracleおよびQ2に言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates