Global Watchlist Vendors: An Evolving Landscape

Report Summary

Global Watchlist Vendors: An Evolving Landscape

ウォッチリスト・フィルタリング技術は進歩を続けており、効果的かつ効率的な結果が期待できる。

Chuck Subrt
Senior Analyst
Julie Conroy
Research Director

Boston, January 30, 2020 –金融機関は、海外送金にまつわる不正防止に関して様々な課題(規制当局の圧力、罰金の増額、風評リスクの高まり、めまぐるしく変わる経済制裁制度、カスタマー・エクスペリエンスと相容れない旧式なスクリーニング手続き等)を抱えており、結果、ウォッチリスト・コンプライアンスのレベルアップが喫緊の課題となっている。

金融機関各社は、経済制裁コンプライアンスに対して間違いを許されない立場にあり、現在の遵守対策の再考/レベルアップを余儀なくされていることから、効果的かつ効率的に制裁コンプライアンス・チェックを行えるウォッチリスト・フィルタリング・ソリューション・ベンダーにとって、ビジネス・チャンスとなっている。

本レポートは、ウォッチリスト・フィルタリング市場の主要動向を調査し、各社が提供するソリューションを検証する。執筆にあたっては、2019年度、ウォッチリスト市場の主要ベンダーにRFIを送付し情報提供を受けたほか、ベンダー24社と金融機関のウォッチリスト・コンプライアンス分野の責任者40名にインタビューを実施した。

本インパクトレポートには図11点と表15点が含まれます(全41ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAbrigo, Accenture, Accuity, ACI Worldwide, Arachnys, BAE Systems, Bureau van Dijk, Capco, Capgemini, CGI Group, Computer Services Inc., Deloitte, Dow Jones, Equifax, Ernst & Young, FICO, Finacle, Fiserv, GB Group, HCL, IdentityMind Global, Inform GmbH, Innovative Systems, KPMG, LexisNexis Risk Solutions, NICE Actimize, Oracle, Pelican, Pitney Bowes, Promontory, PwC, Quantiply, Refinitiv, Regulatory Data Corporation, SAS, Socure, SWIFTおよびWolters Kluwerに言及している。

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates