Aite Matrix for Multi-Asset Class TCA Providers: Diamonds in the Rough

Report Summary

Aite Matrix for Multi-Asset Class TCA Providers: Diamonds in the Rough

様々なマクロ要因が、マルチ・アセット・クラスに対応できる取引コスト分析 (TCA) ソリューションの導入を後押ししている。

Audrey Blater
Research Director
Yue Malan
Senior Analyst

Boston, February 25, 2021 – 規制面のプレッシャー(金融商品市場指令(MiFID II)など)と、最良執行義務を果たすために取引コストを把握する必要性が増大していることから、ここ数年、バイサイド企業/セルサイド企業双方でTCAソリューションの導入が進んできた。2020年においては、コロナ・パンデミックによりあらゆるアセット・クラスで電子取引の割合が急増したことや、トレーディングや分析の分野においてAIなど先端技術の利用が増えていることも、TCAに影響を与える出来事だった。

本レポートでは、ベンダー評価フレームワーク:Aite Matrixを活用し、ベンダー7社(Abel Noser Solutions、BestX、Bloomberg LP、GTA Babelfish、IHS Markit、ISS LiquidMetrix、Virtu Financial)の概要と総合的な競争力を評価判定する。評価にあたっては、「ベンダー各社の企業としての安定性」「優良顧客を獲得しているかどうか」「製品の機能」「クライアント・サービス」を重視した。 

本レポートには、図15点と表16点が含まれます(全69ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

How can we help?

If you have a question specific to your industry, talk with an Aite Group analyst.  Call us today to learn about the benefits of becoming a client.

Talk to an Analyst

Receive email updates relevant to you.  Subscribe to entire practices or to selected topics within
practices.

Get Email Updates