You are here

(日本語)Top 10 Trends in Institutional Securities & Investments, 2020: Entering the Tumultuous Twenties

(日本語)Top 10 Trends in Institutional Securities & Investments, 2020: Entering the Tumultuous Twenties

セルサイド企業/バイサイド企業ともども、効率化を妨げる根本的な問題に対峙する必要がある。

London, 9 January 2020 – 大手投資銀行は人員削減と緊縮を続け、アセット・マネジメント企業も手数料と収益の減少に直面する中、世界規模で景気後退の兆候が生じている。他方グローバル化する資本市場と相容れないポピュリズムが世界中で勃興しており、国際協調の面で問題が生じる可能性がある。この厳しい状況でビジネスを遂行するには、セルサイド企業もバイサイド企業も、業務のデジタル・トランスフォーメーションを大きく進める必要があるが、テクノロジーだけでは問題は解決しない。デジタル・トランスフォーメーションの成否は、業務運営のガバナンスやデータ管理など、地味な業務を確実に遂行する能力にかかっている。

  1. Capital Market各社は、「API戦略」とAPIを使った「エコシステム構築」を追求する  
  2. ESGに関するパフォーマンス測定方策が成熟段階を迎える  
  3. デジタル・トランスフォーメーションの重要課題として、データ・ガバナンスが再び注目を集める
  4. 債券/FX等のトレーディング分析に関し、人工知能/機械学習ツールの利用が急増するが、その効果はまだ未知数である
  5. 様々な企業が、LIBORからの移行に頭を抱えている
  6. 資本市場の様々な分野でM&Aが増加する
  7. アセット・マネジメントにおいて、市場/アセット・マネージャー/顧客などに対する行動分析(Behavioral Analytics)の必要性が高まる
  8. セルサイド・ビジネスに大変革の可能性がある
  9. 大企業においても、フロントオフィス業務をアウトソースする可能性が出てきた
  10. 中国市場の魅力に大きく賭ける企業が増加する

このインパクトレポートには図4点が含まれている(全24ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は本レポートとチャートをダウンロードいただけます。

本レポートはBlackRock, Bloomberg, BNP Paribas, Caceis, Duco, Dynamo Software, Electra, Essentia Analytics, Glue42, Goldman Sachs, Gresham, IHS Markit, Intercontinental Exchange, London Stock Exchange Group, Mercatus, MRI, Refinitiv, RobecoSAM, Vista Equity Partners, Watson Wheatley, XTX MarketsおよびYardiに言及している。