You are here

(日本語)Fraud, Authentication, and Orchestration Hubs: A Path to Greater Agility

(日本語)Fraud, Authentication, and Orchestration Hubs: A Path to Greater Agility

金融機関は、不正対応「ハブ」を適切に活用することで、これまでの弱点を解決できるだろう

Boston, December 4, 2019 – 昨今、リスク管理や認証の分野で「ハブ」というコンセプトが注目されている。金融機関が大きな関心を寄せる一方、この分野に参入するベンダーも増加している。「不正検知/認証ハブ」は、複数のポイント・プロダクトを組み合わせて統合リスク・エンジンとして活用することができ、「オーケストレーション・ハブ」は、企業内のデータを取り込んで様々な角度から分析し、リスクや認証を総合的に判断するリスク・エンジンを提供する。このようなハブを活用することで、金融機関やフィンテック企業は、良好なカスタマー・エクスペリエンスを提供しつつ、進化を続ける脅威に対応できるだろうか。

本レポートは、「ハブ」分野の製品を提供しているベンダー各社に関し、主な機能や詳細能力をまとめた。執筆にあったっては、ベンダー26社に情報提供を求めるとともに、金融機関やオーケストレーション・ベンダーとのやり取り/会話から得られた情報を活用した。

本調査で取り上げたベンダーは、以下の26社である:ACI Worldwide, BAE Systems, BioCatch, Bottomline Technologies, CA (Broadcomの子会社), Early Warning Services, Entersekt, Equifax, Experian, Featurespace, Feedzai, FICO, GBG, Gemalto (Thalesの子会社), GIACT, IBM, IdentityMind, IDology, LexisNexis Risk Solutions, Nice Actimize, OneSpan, SAS, Simility (PayPalサービス会社), Transmit Security, TransUnion, TSYS。

本インパクトレポートには図4点と表7点が含まれます(全42ページ)。アイテ・グループのFraud & AMLセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。.

Download table of contents