You are here

(日本語)U.S. Auto Insurance Rewards and Incentives Programs: Driving Forward

(日本語)U.S. Auto Insurance Rewards and Incentives Programs: Driving Forward

自動車保険のユーザーは、テクノロジーに精通した世代であり、先端技術のトライアルにも積極的だ。 

Boston, August 1, 2019 – 自動車保険のデジタル・トランスフォーメーションは進展を続けており、損害保険会社は、これまでは利用していなかったデータをどのように自動車保険に組み込むか工夫を重ねる必要がある。自動車保険ユーザーは、(小売店などの)インセンティブ・プログラムを受け入れており、更なるメリットが享受できるならば、ネット接続装置を自家用車に取り付け、個人データを提供しても構わないと考えている。

損害保険会社は、個人データを活用した自動車保険商品とリワードを組み合わせたマーケティング・プログラムを開発して市場に投入することで、保険のシェアを拡大しつつ、(提携企業にデータを提供するための)データ・ソースを拡大することが可能になってきた。

本レポートでは、自動車保険ユーザーのネット接続機器の所有状況/使用状況と、これらの機器から得られる情報をどこまで保険会社と共有する意思があるか等の調査結果をまとめた。また、この結果の分析から、保険会社がターゲットとすべき顧客のタイプやマーケティング施策の指針を示すとともに、顧客がデータ共有の対価として何を期待しているかを評価した。執筆にあたっては、2019年第1四半期に米国消費者766人を対象にオンライン調査を実施した。

本インパクトレポートは51の図と2つの表を含みます(全55ページ)。アイテ・グループのP&C Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon, American Express, Apple, Beautyrest, Comerica Bank, Contour Next One, Dario, DiamondClean, Fitbit, Fitindex, Google, Green Dot, iHeart, Jawbone, Kolibree, Mastercard, MetaBank, Microsoft, MyFitnessPal, MyFoodDiary, Nest, NetSpend/TSYS, Nokia, Omron, OnStar, Oral-B, Philips, Polar, QardioArm, Renpho, Rhythm, Ring, RunKeeper, Samsung, Scosche, Snap, Tacx, The Bancorp Bank, Visa, Walmart, Weight Watchers, Welch AllynおよびWithingsに言及している。