You are here

(日本語)MPE 2019: Collaborating to Realize Next-Generation Payments

(日本語)MPE 2019: Collaborating to Realize Next-Generation Payments

MPE 2019では、次世代ペイメント手段の出現に対して、アクワイアラー/PSPはいかに備えるべきかが議論された

London, 18 April 2019 –  マーチャント・ペイメント・エコシステム(MPE)コンファレンスは、欧州でのアクワイアリング/ペイメント分野における最大のイベントである。2019年は、2月19日から21日までベルリンで開催された。同イベントではペイメント手段やチェックアウト/コンバージョン、不正行為/セキュリティ対策、カスタマー・エクスペリエンスなどに関するトレンドと最新テクノロジーが取り上げられた。また、業界を超えたコラボレーション/パートナーシップも中心テーマだった。

本レポートは、MPE 2019の主要テーマをまとめ、欧州におけるアクワイアリング/ペイメント分野における主要動向と課題を概観する。執筆にあたっては、MPEの主催者であるEmpiria Groupの協力を得て、プレゼンテーションとパネル・ディスカッションなどで提供されたコンテンツを活用した。

本インパクトノートは14の図を含みます(全26ページ)。アイテ・グループのRetail Banking & Paymentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはACI, Air France-KLM, Amazon Payments, Deutsche Bank, Discover, Elavon, Empiria Group, EMVCo, EVO Payments, EY, Fido Alliance, First Data Clover, Handpoint, IATA, iZettle, Mastercard, Modo, PosPay, Poynt, PPRO, Square, Token.io, Verifone, Visa, WorldPayおよびYelloに言及している。