You are here

(日本語)Controlling and Engaging Policyholders With Enhanced Risk Mitigation

(日本語)Controlling and Engaging Policyholders With Enhanced Risk Mitigation

保険会社は、顧客向けの新たなリスク軽減方策を活用することで大きな事業機会を得られるかもしれない

Boston, May 9, 2019 –損害保険会社が抱える根本的な課題として、顧客の行動をほとんどコントロールできないことがある。最近テレマティクスやデータ分析など、新しいテクノロジーを用いた新たなリスク軽減方策が登場している。損害保険会社は、これらの手法を用いることで顧客の行動を多少なりともコントロールできるようになるだろうか。

本レポートでは、損害保険会社向けの新たなリスク軽減方策とそのテクノロジーに関して、利用方法と消費者に受け入れられる可能性を中心にまとめている。執筆にあたっては、2018年9月から2019年2月に北米の損害保険会社およびベンダーに対して合計26回のインタビューを実施した。また、2019年3月に米国消費者766人を対象に行ったアンケートの結果も活用している。

本インパクトレポートは16の図と5つの表を含みます(全53ページ)。アイテ・グループのP&C Insuranceセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAdapt Ready, ADEPT Driver, Amodo, Arity, Cambridge Mobile Telematics, Climformatics, Dreyev, Flo Technologies, Flyreel, HazardHub, Likk Technologies, LifeSaver, Octo Telematics, Plasmatic Technologies, Roost, Terrene LabsおよびYaxaに言及している。