You are here

(日本語)2019 FX Worldview: The Year of The Algo

(日本語)2019 FX Worldview: The Year of The Algo

外国為替市場では市場構造が大きく変化し、市場参加者にとっては問題であるとともに新たなビジネス機会にもなっている

Boston, May 2, 2019 – 外国為替(FX)市場は、変動の激しい市場の一つであるが、昨今、機関投資家がその動向を注目している。「プライム・オブ・プライム」ブローカーの台頭と、ノンバンク流動性プロバイダーの参入がFX市場の構造を大きく変え、ビジネスの新たな形態が広まっている。一方、アルゴリズム取引が、テクノロジー面における金融機関の競争激化を招いている。テクノロジーの発展は、概ね有益だが課題も残っている。

 本レポートは、FX市場の最新動向を一日平均出来高の変化や地域別、商品別、市場参加者のタイプなどの視点から分析/解説する。 執筆にあたっては、FX市場参加者(バイサイド企業、銀行、ディーラー、ECN、マルチディーラー・プラットフォーム、クリアリングハウス、テクノロジー・プロバイダーなど)20社余りのインタビューを実施した。 また、国際決済銀行が3年毎に公表する各種データ、及び半年ごとに公開される地域毎のデータも活用している。

本インパクトレポートは28の図と4つの表を含みます(全45ページ)。アイテ・グループのInstitutional Securities & Investmentsセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

 本レポートは360T, Abu Dhabi Investment Authority, Australian Securities and Investments Commission (ASIC), Bank for International Settlements (BIS), Barclays, Barracuda FX, BestX, Bloomberg, Broadway Technology, Cboe FX, CFH Clearing, Citadel Securities, Citigroup, CME Group, Commodity Futures Trading Commission (CFTC), Credit Suisse, Deutsche Boerse, EBS, European Securities and Markets Authority (ESMA), Forex Capital Markets, FastMatch, FXall, FX Connect, Gain Capital, GTX, FastMatch, FX Connect, Goldman Sachs, IG, Interactive Brokers, LCH.Clearnet, Jeffries, J.P. Morgan, LMAX Exchange, LMRKTS, National Futures Association (NFA), Newedge, Oanda, Refinitiv, Saxo Bank, Societe Generale, State Street, TD Ameritrade, TPICAP, Tradition, XTX MarketsおよびUBSに言及している。