You are here

(日本語)The Places in Between: A Lastline Case Study

(日本語)The Places in Between: A Lastline Case Study

ネットワーク攻撃分析ソリューションの登場により、ネットワーク侵入検知システムの市場は転機を迎えている

Boston, April 25, 2019 –ネットワーク攻撃分析ソリューション:Lastline Defenderは、複数の検出手法(機械学習、パターンマッチングおよびマルウェア解析)を一つのネットワーク・セキュリティ対策として組み合わせたサービスで、従来型のシグネチャー検出システムよりも高い精度を誇っている。

本レポートでは、Lastline社製品の技術面、アーキテクチャー面およびその性能を分析した。執筆にあたっては、2019年第1四半期に製品を実際に使用し、更に利用現場での状況を把握するため、企業ユーザーへのインタビューを実施した。

本インパクトノートは2つの図と4つの表を含みます(全15ページ)。アイテ・グループのCybersecurityセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャートおよびエグゼクティブ・インパクト・デッキをダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートはAmazon Web Services、Dell、EmergingThreats.net、HP、Lastline、SuricataおよびVMWareに言及している。