You are here

(日本語抄訳付) Top 10 Trends in Retail Banking & Payments, 2018: Accelerating Evolution

(日本語抄訳付) Top 10 Trends in Retail Banking & Payments, 2018: Accelerating Evolution

金融機関は、21世紀の消費者を獲得するためには、思考方法やビジネス・モデル、ビジネス・プロセス等を抜本的に転換する必要がある

Boston, January 4, 2018 – 2017年、世界の地政学的な環境は、不安定な状態に始まり不安定なまま終わった。世界的な不透明感の中、消費者は、代金を支払い/銀行を利用し/貯蓄・投資を行なわなければならない。モバイル機器は、これら消費者のデジタル行動のかなめとして重要性を増しており、背後では人工知能(機械学習や自然言語処理など)がその使いやすさを支えている。

世界各国でリアルタイム・ペイメント/ファースター・ペイメントの取り組みが行われ、決済スピードが速まっている(同時に、テクノロジーに投資している犯罪者に新たな機会を提供していることにもなっている)。このような環境から、フィンテック企業やテクノロジー・ベンダーは金融機関に対する営業攻勢を強めており、欧州や一部のアジア諸国でのレギュレーション強化がこの流れを助長している。

アイテ・グループのリテール銀行のセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます(全18ページ)。

本レポートは、Alibaba, Amazon, Citibank, Early Warning Services, Facebook, First Data, First Republic Bank, FIS, Fiserv, Kasasa, Mastercard, Narrative Science, PayPal, PayTM, Pitney Bowes, SAS, Self Lender, Snowflake Computing, Tencent, The Clearing House, Visa, Walmart, WeChatに言及している。