You are here

(リテール銀行) Money Goes Mobile

(リテール銀行) Money Goes Mobile

テクノロジー・ベンダーが、モバイル・ペイメントを推進するにあたって最も考慮すべき事項は、競争に勝つことではなく、この新しい支払い手段を如何に広く普及させていくかということである

Boston, May 14, 2014 – デジタルウォレットが注目を集める背景には、スマートフォンの急速な普及と、支払いに関する様々な非効率性という現状がある。加えて、消費者が興味を示し、マーチャントも導入に積極的であるため、金融機関もこれを無視することができなくなっている。

ペイメントに関わる様々な懸念を払拭し、利害関係者が納得するモバイルウォレット・ソリューションの出現が望まれるところだが、現実には「テクノロジー」と「金融」がモバイルという土俵で衝突している。今後、モバイルウォレットが支払い手段の「標準」の地位を獲得することは可能なのだろうか。

本稿では、業界での変化の機が熟してきたこのタイミングで、デジタルウォレット・エコシステムの進化を検証する。現在登場している様々なタイプの支払いサービスを分類し、採用するにあたっての課題、テクノロジー面の長所などを検証する。

本稿は、アイテ・グループが2014年2月~4月に、金融テクノロジー業界の幹部とプロダクト・マネジャー(計20名以上)を対象に実施したインタビューをベースにしている。

 

リテール銀行のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。​

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com   電話:+1-617-398-5051