You are here

(ホールセール銀行) Integrated Receivables: Solving for Multiple Business Payments Variables

(ホールセール銀行) Integrated Receivables: Solving for Multiple Business Payments Variables

銀行は、統合レシーバブル(受取勘定)が顧客向けの優れた付加価値サービスであるとの認識を強めている

Boston, December 11, 2014 – 取引相手方の規模に関わらず、財とサービスの買い手が支払いのタイミングと方法を決め、送金明細を提供するが、同時に支払いの手段とチャネルも決めている。

この複雑な環境が、米国企業の売掛金管理部に負担を強いており、特にその入金を複数の請求書に振り分ける場合に負担が増している。統合レシーバブル(受取勘定)が、このジレンマを解消するソリューションとなるが、統合ロックボックス(注)にはどのような機能が必要なのだろうか、そして銀行はこのサービスを提供するに当たって、強化型ロックボックス・ソリューションを活用できるのだろうか?

注:ロックボックス・サービス=小切手で郵送されてきた売掛金を顧客企業に代わって私書箱で受け取り、郵便の開封、添付書類の整理、取立、入金の一連の処理をパッケージで引き受けるサービス

Q:売掛金処理プロセスの統合は実行済みですか、または検討していますか?

出所:アイテ・グループ

本稿では、銀行のロックボックス・サービス担当幹部を対象に2014年に実施したオンライン・アンケートの結果をベースに、統合レシーバブル機能に対する銀行の興味と採用の水準、ならびに統合レシーバブル・ソリューションの開発に対する銀行の期待を明らかにした。

 

ホールセール銀行のセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents