You are here

(証券&投資/ウェルスマネジメント)Capital Markets Tech Vendors 2.0: Disrupting the Status Quo

(証券&投資/ウェルスマネジメント)Capital Markets Tech Vendors 2.0: Disrupting the Status Quo

資本市場のIT投資を後押し?:次世代ベンチャー企業の登場

Boston, March 13, 2014 – 2008年の金融危機以降、資本市場におけるテクノロジー投資の大幅な減少が金融テクノロジー・ベンダーに打撃を与え、これがベンダー統廃合につながった。

ただ、このような環境下でも、最先端のテクノロジーを駆使し、オープンソースの活用と透明性の向上にフォーカスする革新的なスタートアップ企業が相次いで登場している。これらのスタートアップ企業が、次世代の資本市場テクノロジー革命のカギを握っているとも考えられる。これらのベンチャー企業が、自らの存続、テクノロジー、知的資産を維持できるかが、今後の市場成長を左右する可能性が高い。

本稿では、アイテ・グループが2013年11月~2014年1月にベンダー、顧客、証券会社を対象に実施したサーベイをベースに、資本市場テクノロジーに革命を起こす可能性を持つと思われる、スタートアップ企業13社を紹介し、その共通性を明らかにする。本稿で取り上げた13社:AlphaSense、Duco、EquaMetrics、Estimize、Genscape、MarkLogic、Novus、OpenFin、Quandl、Quantopian、Robinhood Financial、Tangent Data Services、TIM Group。

 

証券&投資/ウェルスマネジメン・サービストのセグメントをご購読のお客様は、日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。