You are here

(証券&投資)Collateral Management in Europe: Searching for Central Intelligence

(証券&投資)Collateral Management in Europe: Searching for Central Intelligence

欧州:金融機関は担保管理にどのように取り組んでいるか

London, 4 August 2015 – 欧州は、引き続く資本市場のボラティリティーと中央銀行による金融政策の継続を背景に、これまでに例を見ない水準の市場構造と規制の変化に直面している。量的緩和が欧州全体の金利を押し下げ、担保の入手可能性とプライシングに影響を与え、OTCデリバティブの集中清算義務が金融機関に一段と積極的な担保管理を強いることになる。金融機関は、レガシー・テクノロジーとサイロ化された迂回策が中心である環境の下、高まる担保管理の課題にどのように取り組んでいるのだろうか?

欧州のマクロ経済イベントが担保管理に与える影響

出所:アイテ・グループ

本稿では、担保管理に関して欧州の金融機関が現時点に直面している課題を検証し、特に全社的な問題となっている分野と金融機関がこれらの課題にどのように対応しているかを特定した。本稿は、アイテ・グループが担保管理と流動性管理に関する知識を持った、銀行、資産運用会社、一般企業、証券会社、年金ファンドの主要市場参加者を対象に実施したインタビューをベースにしている。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents