You are here

(証券&投資)Client Life Cycle Management and KYC: Things Can Only Get Better

(証券&投資)Client Life Cycle Management and KYC: Things Can Only Get Better

取引主体データ管理向けの投資が増加中

London, 9 April 2015 – 規制とリスク管理の透明性に対する要求、市場構造の変化、難しいビジネス・ダイナミクスが、金融機関に顧客とカウンターパーティーのデータに対する取り扱いの再考を強いている。

資本市場が顧客中心主義にシフトし、また厳格な取引主体データ要件を含む多数の新規制が施行されることによって、金融機関は組織を横断して顧客とカウンターパーティーのシングル・ビューを構築しなければならなくなっている。しかし、サイロ化されたデータ・アーキテクチャーから、包括的な取引主体データをサポートするアーキテクチャーに移行するのは容易なことではない。

 

ティア3証券会社で新規顧客オンボードにかかる平均コストの推計

出所:アイテ・グループ

本稿では、2014年と2015年に北米と欧州の金融機関を対象に実施したサーベイをベースに、金融機関におけるレガシー・システム環境での顧客データ管理に関する現在の課題を検証し、特に問題となっている分野と金融機関の取り組みを明らかにしている。

 

証券&投資のセグメントをご契約のお客様には、このページより詳しい日本語抄訳付のレポートをダウンロードしていただけます。パスワードは、各社ご担当者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ:

鈴木 奏 (Suzuki Susumu)   SSuzuki@aitegroup.com

電話:+1-617-398-5051

Download table of contents