You are here

(日本語抄訳付)DOL Fiduciary Rule: Survey on Financial Advisor Sentiment

(日本語抄訳付)DOL Fiduciary Rule: Survey on Financial Advisor Sentiment

ファイナンシャル・アドバイザーは、自分が所属する金融機関が、フィデューシャリー・ルールに対して良い方向に対処してきたと認識しており、将来を前向きに捉えている

Boston, June 22, 2017 – 2017年6月9日に発効した米国労働省のフィデューシャリー・ルールに関する論議が続いている。今後、労働省は、同ルールの影響を精査することになっており、修正・撤回される可能性もある。アイテ・グループでは、今回7回目となったファイナンシャル・アドバイザーに対する年次調査において、米国労働省のフィデューシャリー・ルールに関する質問を盛り込んだ。

本インパクト・レポートは、紆余曲折のある規制の中を進むファイナンシャル・アドバイザーの経験について考察する。本レポートでは、弊社の年次調査の中から、個人の退職金口座分野に積極的に取り組んでいると回答したアドバイザー152人の意見を重視した。彼らは顧客との関係において、米国労働省のフィデューシャリー・ルールの影響を熟知していると述べている。

本インパクト・レポートは、23の図表と2つの計表を含みます(全28ページ)。アイテ・グループのウェルス・マネジメント・サービスのセグメントをご契約のお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents