You are here

(日本語抄訳付)Digital Person-to-Person Payments in the U.S.: The Competitive Landscape

(日本語抄訳付)Digital Person-to-Person Payments in the U.S.: The Competitive Landscape

米国のデジタルp2pペイメント競争を勝ち抜く鍵は、「ユビキタス性」(どこにでも存在すること)の提供だ

Boston, May 24, 2017 – 米国のP2Pペイメント市場は、既存金融機関と新規参入した代替プロバイダーが、革新的なサービスを提供したことで、競争が激化してきた。過去2年間に、各社は2桁成長/3桁成長を達成し、更に、リアルタイム・ペイメントを可能にするネットワークが構築されたことで、アイテ・グループでは1兆2000億ドル規模の市場に成長したと推計している。

本レポートでは、米国のデジタルP2Pペイメント・サービス会社11社について徹底した分析を行っている(Circle, Facebook Messenger, FIS People Pay, Fiserv Popmoney, Google Wallet, PayPal, Payveris PayItNow, Square Cash, Tilt, Venmo, Zelle)。本レポートは、2016年10月から12月にかけて、アイテ・グループが行った大手金融機関およびデジタルP2Pペイメント・ベンダー、23人のエグゼクティブを対象に実施したインタビューで得た情報を活用している。本レポートは、米国におけるデジタルP2Pペイメント市場に関す2回のシリーズの第2冊めにあたる。第1冊めはこちら

本インパクト・レポートは、31の図表と14の計表を含みます(全64ページ)。アイテ・グループのリテール銀行&ペイメント・サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートは、Amazon, Android, Apple, Bank of America, BB&T, CapitalOne, CashEdge, CheckFreePay, ClearXchange, COCC, Coins.ph, Cookies, Crowdtilt, Early Warning Services, Google, Interac e-Transfer, Jonathan Adler, JPMorgan Chase Korbit, Lydia, Mastercard, Moneybeam, N26, Payso, Pingit, PNC, Snapchat, Tencent, TransferWise, Twitter, U.S. Bank, Visa, WeChat, Western Union, WhatsApp, Wells Fargo, Xoom, ZashPayに言及している。