You are here

(日本語抄訳付)Boutique Asset Management: Behind the Velvet Rope

(日本語抄訳付)Boutique Asset Management: Behind the Velvet Rope

変化に直面している投資顧問業界の中でも、ブティック型投資顧問会社は多くの課題を抱えている

Boston, May 11, 2017 – ブティック型投資顧問会社は、世界の運用機関の中でも独自の地位を築いてきたが、現在、変化のなかで崖っぷちに立たされている。これは、投資顧問業界全体が移行期に入ろうとしているからに他ならない。投資顧問会社が、市場に付加価値を与えていた状況や高い利幅は、かなりの部分が消滅してしまうと思われる。そのような環境下でも、ブティック型投資顧問は、アルファを追及する投資戦略を提供することに変わりはない。とはいえ、そのリターンは、高い手数料に見合っているのだろうか?

本インパクト・レポートでは、ブティック型投資顧問業界のテーマ別最新トレンド、成長要因、主な課題について検証する。本調査は、2016年第4四半期に、アイテ・グループがブティック型投資顧問ファンドの経営層に対して実施した31回のインタビューに基づいている。インタビュー回答者は、企業規模や地理的な面で広範囲の中からサンプリングとして抽出した。

本インパクト・レポートは、20の計表を含みます(全31ページ)。アイテ・グループの証券&投資サービスのお客様は、本レポート、チャート(英語)、サマリーPPT(英語)をダウンロードいただけます。

Download table of contents

本レポートでは Group of Boutique Asset Managers (GBAM), Morgan Stanley, New City Initiative (NCI), NextSharesに言及している。